長野市開発公社 N-smile

新着情報 【スポーツをしよう!】

平成28年8月11日(山の日) ノルディックウォーキングコースオープン

2016.09.13

平成28年8月11日(山の日)
妙高戸隠連山国立公園飯綱高原
ノルディックウォーキングコースオープン
 妙高戸隠連山国立公園飯綱高原ノルディックウォーキング・コースはJNFA公認第5号のコースとして8月11日(山の日)にオープンし、公認コースとしては日本初の国立公園を歩くコースです。

 当日は、 来賓に加藤久雄長野市長、環境省保護官梅田氏、JNFA会長竹田氏をお招きし開会式及びJNFA竹田会長より公認コース認定書が当公社の理事長立岩久忠へ授与され、引き続き案内板の除幕式が行われ、盛大にセレモニーが行われました。
 
 ウォーキングイベントでは、ウォーキング講習会、3㎞コース(初級)と7㎞コース(中級)を123名が参加され、新しいノルディックウォーキングコースを楽しんでいただきました。


 

【ノルディックウォーキングとは】

ノルディックウォーキングは、2本のポールを使って歩くフィンランド生まれのスポーツです。
 ポールを使用することで、全身運動となり、通常のウォーキングに比べてエネルギー消費量が20%アップし、膝・腰への負担が軽く、誰でも簡単に楽しめます。
継続して行うことで、生活習慣病、メタボリックシンドロームの予防などにも効果ががあります。

 

【コース概要と飯綱高原の魅力】

コースは、公共の宿いこいの村アゼィリア飯綱をスタートとする誰もが楽しめる3㎞コース(初級)と、7㎞コース(中級)の2コースで、飯綱高原の目印的スポットである大座法師池を中心とし、コース沿いにはリュウキンカやミズバショウなどの群生地もあり、健康増進とともに、四季折々の飯綱高原の魅力を感じてもらうことができるコースです。
 長野市飯綱高原は、飯綱山の南東一帯の標高900~1,100mに広がる緩やかな起伏を持つ高原で、シラカバやカラマツに包まれ、湿原(逆谷地湿原や大谷地湿原など)や湖沼(大座法師池や大池など)が点在する豊かな景観を形成し、夏はキャンプ、アスレチック、冬はスキーという観光レジャーの場が隣接し、コース沿いの農産物直売所では夏はトウモロコシや新鮮な高原野菜、秋は高原で作る甘いリンゴをお求めいただける楽しみもあります。

汗をかいた後はアゼィリア飯綱の森林展望大浴場もご利用いただけます。

 

【イベント情報】
・ポールを使った健康ウォーキング体験会参加者募集のお知らせ

http://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/sports/138266.html

・秋のノルディックウォーキング体験会のお知らせ

http://www.n-kaihatu.com/news/2016/09/000314.php

ページトップ